ゆう君の気になる

モンスト好きな大学生が気になったニュースをとりあげます!

【受験生向け】大学の選び方について

基本的に、

偏差値の高い大学に入る方がいいです。

 f:id:fighteryukun:20180221043631j:image

私は私立入試でした。国英社の三科目でした。よっぽどのこだわりが無い限り、やはり偏差値の高い大学に入るほど良いと強く思います。その根拠が三つあります。

 

①周りの友達の質が良い

②就職に強い

③授業、先生の質が良い

 

中でも①周りの友達の質が高いこれが一番重要だと思います。

 

就職の強さを売りにしている大学の広告をよく見かけますが、学生の質の良さが大切ではないかと最近気づきました。

 

私立大学には一般入試と推薦入試があります。偏差値が上がるにつれて入学の条件も厳しくなります。

まず一般入試の問題は難しくなります。英文も国語の文章も増え、社会で問われる知識量もふえます。

推薦入試の基準も高くなります。大学の偏差値が上がればそれだけ能力が高い人間が多いということになります。

 

高い学費を払って入った大学では人との出会いも大きな財産です。自分の周りの友達の影響は非常に大きいです。周りの友達の意識が高いと自分も意識が高くなると思います。賢い学生はいろいろなことを知っているので大きなプロジェクトを立ち上げたり、学外で功績を挙げることが出来ます。極端なことを言えば、医学部に入れば将来医者になる友達がたくさんできる、そういうことです。

 

私は私立大学に二度入学しています。現役の頃に入学した偏差値45の大学は4ヶ月で中退しました。その後浪人してから受けた大学に入学しました。そのふたつの学生の雰囲気、授業の雰囲気は全く違います。

現役の頃の大学は金髪の学生が多く、授業中にトランプをするなんて当たり前。大教室では先生の声が聞こえない程に私語がありました。学費を払って何をしているのかと思っていました。そして先生も緩く、授業に出なくても成績は満点を出すような授業が多かったです。

 

もちろん偏差値の高い大学に入学することは難しいです。しかしそれだけ得られるものも大きいです。もし今あなたが目指している大学があるならがんばってください!応援しています!

 

 

※個人的な記事ですが、現役の大学生として感じている事を素直に書きました。参考までに留めてください。